一度かかると完治することの無い、ヘルペス。なってしまったからには放置せずしっかりと治療してあげましょう。「バルトレックス」はそんなヘルペスの再発率最大限抑えることの出来る薬です。

  • ホーム
  • 画像で口唇ヘルペスと口角炎の判別・バルトレックス

画像で口唇ヘルペスと口角炎の判別・バルトレックス

口唇ヘルペスと口角炎は、画像だけで判断するのが難しいと言われています。
どちらもウィルス感染によって起こる病気ですが、症状があらわれる場所、原因は違うので、見分け方を把握しておくと良いです。

口唇ヘルペスは、唇に水ぶくれができます。
最初はチクチクとした痛みが伴うだけですが、その後にかゆみ、脹れ、などの症状が出てきます。
人によっては熱や、倦怠感が伴うこともあります。

腫れの上に水ぶくれができて、これが破れてかさぶたになると治っていきます。
水ぶくれの時が最もウィルスが増殖している状態です。

口唇ヘルペスの原因は単純ヘルペスウィルス1型(HVS-1)ですが、性器ヘルペスがオーラルセックスによって口にうつることもあり、この場合には性器ヘルペスの原因である単純ヘルペスウィルス2型(HVS-2)が感染している可能性もあります。
どちらが原因かの見分け方は、かなり難しいとされています。

口角炎の画像では、口の両端の口角に炎症ができます。
亀裂、腫れ、出血いよって、口を開くことが困難になります。
出血痕はかさぶたになりますが、すぐに剥がれてしまうので、なかなか治りにくいです。

口角炎の原因は、常在菌のカンジタ性真菌のせいです。
そのことから、カンジタ性口唇炎とも呼ばれています。

画像からの見分け方としては、口の端の炎症部位を見て、水ぶくれがなければ口角炎、水ぶくれがあれば口唇ヘルペス、と判断しましょう。

口角炎はほとんどが自然治癒しますが、口唇ヘルペスは完治させることは出来ません。
再発リスクがあるので、バルトレックスなどの抗ウィルス薬を使ってウィルスが増えるのを抑えます。
バルトレックスを使うことで再発のリスクを防ぐことが出来ますし、他人への感染リスクも下げられます。
バルトレックスは内服薬なので、簡単に使えます。

関連記事