一度かかると完治することの無い、ヘルペス。なってしまったからには放置せずしっかりと治療してあげましょう。「バルトレックス」はそんなヘルペスの再発率最大限抑えることの出来る薬です。

  • ホーム
  • 性器ヘルペスの防止法と効果的なバルトレックス

性器ヘルペスの防止法と効果的なバルトレックス

黄色の錠剤と瓶

パートナーがいて性交渉をする方ならどなたでもかかる可能性があるのが性病です。
その中でもかなり痛みを伴うものが性器ヘルペスです。
女性でも男性でもかかる可能性があるもので、セックス、アナルセックス、オーラルセックスで感染するケースが多いです。
症状としてはまず水泡のようなものができ、その水泡が破れた時にただれた状態になり痛みを発症します。
女性では排尿できないほどの痛みを伴うケースもあり早期の治療が必要になります。

ウイルスそのものを退治することはできないのですが、再発を抑えるための薬がバルトレックスです。
通常このバルトレックスを初感染下ケースでは5日間から10日間服用して治療します。
再発の場合には5日間程度服用しますが、重症の場合には入院をして点滴で薬を入れるケースもあります。
バルトレックスは大変効果の高い薬で、再発を繰り返すような方でもきちんと服用すれば症状を改善することができるので、早めの受診をして薬を服用するようにしましょう。

日常的に防止するためにはやはり普段からコンドームを使うのが効果的です。
コンドームを使って性交渉をすれば性器ヘルペスだけでなくほかの多くの性感染症の防止につながります。
不特定多数の人との性交渉もヘルペスを蔓延させてしまう理由の一つです。
日常的に決められたパートナーとのみの性交渉ならかかる確率を少なくすることができます。
性器ヘルペスの症状が出ている人とのセックスを避けることも大事です。
またお風呂の椅子などでもヘルペスがうつってしまうことも考えられます。
感染力が強いウイルスですので日常的にお風呂の椅子に座る前にお湯を掛ける、ほかの人とタオルを共有しないなどの配慮が防止策となります。

関連記事