一度かかると完治することの無い、ヘルペス。なってしまったからには放置せずしっかりと治療してあげましょう。「バルトレックス」はそんなヘルペスの再発率最大限抑えることの出来る薬です。

  • ホーム
  • バルトレックスを服用する際の注意点について

バルトレックスを服用する際の注意点について

白と赤のカプセル

バルトレックスはヘルペスウィルスの感染によって起こる症状を抑えることを目的とした薬になります。
ヘルペスウィルスは多くの人が感染した経験のある一般的なウィルスです。
いろいろな部位に症状が発生しますが、多いのは唇の周辺にできる口唇ヘルペスと性器周辺にできる性器ヘルペスになります。
一般的なウィルスだけにバルトレックスは多くの人に服用される薬なため、安全な服用が行われることが重要になります。
バルトレックスを服用する際の注意点について説明していきます。

まずは服用する時期です。
この薬は原則として症状が発生してから5日以内に服用することが必要です。
なぜかというと症状が出てから時間が経過するとウィルスが増殖してしまい症状が悪化してしまうからです。
症状が悪化すると全身状態は低下しますし、ウィルスの活動は活発になるので改善するのが大変になります。
処置を遅らせないためにも可能な限り早期に服用を始めることが重要です。
ウィルスの感染経験がある人はわかると思いますが、ストレスや疲労が蓄積すると皮膚がピリピリとしたり、チクチクするなどの兆候があります。
そのような違和感を感じたときに利用すれば再発を防ぐことが可能です。

二つ目の注意点としては用法と用量を守ることです。
あたりまえのことのように思うかもしれませんが、利用者の中には面倒とのことでまとめて服用してしまうケースも見られます。
朝に1錠、夜に1錠が正しい飲み方になります。
薬を服用しているときはお酒に注意が必要です。
体質によってはお酒によって薬の作用が強くなり、副作用が出る場合があります。
症状が治まるまではお酒は我慢するようにしましょう。

薬の購入はネットでも行うことができますが、偽物も出回っているため注意が必要です。

関連記事